過去の手づくりアクセサリー作品を振り返る。

こんにちは。

手刺繍アクセサリーと雑貨のお店を営んでおりますnakkiです。

斜め向かいの店舗を「ナラマチギャラリー2016」という貸しギャラリーにして運営もしています。

なので毎日やることだらけで充実した毎日です。

 

8月に入りました。皆様ご機嫌いかがでしょうか。

 

私の住んでいるところは尼崎。お店があるのは奈良のならまち。

この暑い中、いつもと変わらず

毎日一時間ちょっとかけてお店に通っております。

なぜ尼崎に住んでおるかと言いますと、旦那さんの勤め先と奈良は丁度半分くらい

あと旦那さんの地元だからです。

 

毎日大阪を通過する小旅行。

蝉の鳴き声も変わります。

 

尼崎はクマゼミが主。

奈良はアブラゼミか。

 

個人的にはヒグラシの鳴き声が好きです。

もう少し涼しくなってきたらだなーー

あのせつない鳴き声がたまりません。

 

 

さてさて今回は写真の整理をしていたら懐かしくなったので過去の作品を公開してみます。

まだ刺繍に手を出していない時期の作品↑

パーツを組み合わせただけ。

 

自分でアクセサリーが作れるなんてと興奮して自分の為に作っていたころの作品です。

 

いや、作品と呼べるしろものじゃあありませんね。

 

それでもこの頃はいけてると思っておりました。

こんな風に並べて写真とって喜んでおりました。

 

根拠のない自信だけはいっちょ前です。(そういうところは今もかわらず。)

お次は前職の似顔絵作家時代に家でちまちま作っていた作品。

 

これはもう今作れと言われてもつくれないです。

 

なぜならパーツもいっこいっこ手づくりしたから!

スパンコールって作れないんだろうか?と、

コーナンで真鍮の薄いのを買ってきて、穴あけポンチを買ってきて

スパンコールを手づくり。(いっちゃん左の大きいまるブローチ)

 

どれだけ時間がかかったことでしょう。酔狂です。

 

ちなみに実家に眠っていたこれらの作品はお店の500円コーナーのガラス瓶の中に潜ませていました。

 

そしたらあっという間に売れてしまいました。(一年前ほど前。)

安すぎたかと後悔やら嬉しいやら複雑な気分でした。

 

今作るとしたらいったいなんぼになるのか。

 

もうこんなんつくりませんけど。(大変すぎるわりにその努力が見えない作品だから)

ビーズも手づくり。

その当時 一人暮らしの部屋で ちまちま粘土をひたすら丸め 楊枝で穴を開けておりました。

使ったのは確かこのオーブン粘土↓

ほんとにオーブンで焼いたら陶器みたいになりましたよ。

造花のめしべの部分の枝の部分にボンドを塗ってパーツにからませたただけ。

 

でもこれ、今でも500円ボックスにだったら入れて販売できるかも。

しかし材料がもうみあたらないのでやめときます。

靴に絵を描いたり。

きちゃな!

変なストラップをつくったり。

お昼は似顔絵作家のお仕事をして、夜な夜なお家でちくちくしておりました。

 

基本的にずっと何かしらつくっています。

作ったり、絵描いたりがほんとに私にとって大事みたいです。

 

たまに過去の作品を見るとはっとしますね。

純粋にモノ作りを楽しんでいる感じとかに励まされます。

 

お店やギャラリーを運営しだしてだんだんと商売人の部分が増えすぎると

お金のことしか考えていなかったりとかなってくるのでそんな時は

要注意。

 

バランスを大事に昨日より素敵なものを生み出していきたいです。

 

 

ではではこのへんで〜〜

 

手刺繍アクセサリーと雑貨のお店 nakkiでした。

0 コメント

2017年7月18日〜30日まで第2回クリエイターズフリーマーケットが開催されました。

こんにちは。

ナラマチギャラリー2016(ニイゼロイチロク)の原田です。

手刺繍アクセサリーと雑貨のお店、nakkiも営んでおります。

 

今回、ナラマチギャラリー2016(ニイゼロイチロク)では

第2回クリエイターズフリーマーケットが開催されました!

 

今回も掘出し物たくさん。

 

前回の様子はこちらから。

前回は冬の開催だったので冬物が多かったのですが今回は夏物、特にお洋服がたくさん集まりました。

会場には最近のお洋服からいつの時代??!っていうお洋服まで、笑

 

お客様も安いなーと楽しんで選んでおられました。

 

 

そんな姿を見ているととっても嬉しいです。

 

私も物色。

こんなかわいいトートバッグ。

 なんと100円。

 

すぐ売れました。笑

 

出展者さんは近くのお店の経営者さんばかりなのでやっぱり掘出し物も質がいいというか、

 

いいものもってはるというか、

 

ワクワクする空間になりました。

 

ありがとうございます!

雑貨屋さんでもできたかのような雰囲気でした。

 

値段を見るとどれも安くってびっくりです。

私も昔描いた絵を出店しましたが一枚も売れませんでした。笑

 

フリマにしては高すぎたか!!

今回も大盛況で幕を閉じました。

 

来て下さった方々、暑い中ほんとうにありがとうございました!!!

 

次回の展覧会は、

第4回ナラマチギャラリー2016期間限定ショップ

布にまつわるあれこれ

 

です!

 

一ヶ月限定の展示が始まります。

 

オリジナルのテキスタイルを使った小物や、靴下などなど

出店されますよ^^

 

とってもたのしみです!!

 

 

ギャラリー情報はこちらから。

 

 

 

それではまた〜〜〜

 

 

ナラマチギャラリー2016の原田でした。

 

 

パクるパクられるの考え方

 

こんにちは。手刺繍アクセサリーと雑貨のお店nakkiです。
最近は家から持ってきた植物がぐんぐん成長しているのを観察したり、
梅雨も明けて海行きたい!(っていいたくなる!)と
お客さんと海の危険あるあるについて盛り上がったりと楽しく営業しております。
ブログって何を書けばいいのかわからず、
最近はギャラリーの展示報告とワークショップ報告ばかりになっておりました。

 

そこで
私はせっかくものづくりをしていて実店舗も運営していて、ギャラリーも運営しているのだから
そっちの目線で日々感じることを書こうと筆をとった次第です。(パソコンをカチャカチャしている次第です。)

 

これからはたまに気が向いたときに日々思うことも書いて行きます

今回はパクるパクられるの考え方。

 

私は自分の作ったアクセサリーや雑貨を売るお店をしているので

同じハンドメイドアクセサリーや

 

ものづくりに従事されている方々の話を聞く機会も増えてきました。

 

私のアクセサリーは主に刺繍、プラ板、レジン、真鍮をつかうのですが、

 

誰でもできる素材ばかりです。ここが問題です。

誰でも扱えるから似たような作品もちまたにあふれてる。
だからどう差別化していくのか常に考えながら作品づくりに励んでいます
しかしほんとアクセサリーを作っている人増えましたね。
実際にお店にご来店されるお客さんの会話を聞いていると怖いくらいです。
お客様:    「プラ板やってんけどこんなうまいことできへんなー」
nakki:     「心の中で(ありがとうございます恐縮です)」
お客様2人女性:「◯◯ちゃんもやってるやつやんー」
       「レジンって使ったことある?」
       「.............(作品を無言で凝視されている)」
nakki:     「作るんですか?」
お客様:    「はいそうなんですー」
             
と、話が盛り上がり、お名刺やインスタを拝見し盛り上がることもほんっと多くなりました。
内心ドキドキです。
こんなキットも普通に売ってる時代。↓

楽しそう・・・

私も使った事ない素材たくさん。。。

 

 

 

これだけ作る人も多いと、

自意識過剰かもしれませんが

 

 

あれ?と思う配色、

 

これ、自分が作ったみたいやなあと思う作品に出くわすこともあります。

 

知っている好きな作家さんとそっくりな作品を見つけたりもします。

 

 

もやもやしますが私の対処法は、

 

 

ほっとく。

 

 

です。

 

こう思うようにしています。

 

パクられるくらいの技術しかない自分が悪い。

 

簡単に真似されるものをつくてるんだからしょうがない。

 

くっそーーみとけよ!

真似できないくらいのもんつくってやる!

 

 

と、制作のバネにします。

 

 

仮にそっくりな作品を作られている方の方が自分より人気になったとしましょう。

 

 

それはその人の実力です。

 

私はパクられて負けたんです。

もしかしたらほんとに好みと作風がめちゃくちゃ似ていただけかもしれません。

 

そう考えると自意識過剰も甚だしい!めちゃくちゃ恥ずかしい!きゃー

 

 

もし、もしも生業にしちゃった今、ほんとに似ていてその人の作品がめちゃくちゃ人気で

 

その人のほうが明らかに売れたとしたら

 

潔く事実結果を認めて

黙って自分にしか作れないものを追求するしかないんだろうなー

 

 

そんな目にあったことないけど。

 

 

大事な事はこつこつ日々素敵なものを生み出す事で、

ライバルは昨日の自分や一年前の自分なわけで、

 

 

他人をライバル視するからおかしくなる。

 

 

「心をキュンとつかむものづくり」がコンセプトなので

まねしちゃったらその時点でキュンとはしてないので

 

 

だめですね。

 

 

著作権の侵害にあたる場合もあるので

心当たりあるハンドメイド作家さんは気をつけた方がいいとは思いますが。

 

 

誰もパクった事なんて知らないし大丈夫?

無意識?

たまたま?

 

 

いえいえそんなまさか。

 

 

パクった本人は自覚あるんじゃないですか?

 

そんな人がお客様の心を動かすようなものを作り続けることができるとは思えない。

 

ただ無意識レベルで自覚なしの人もいるとは思うので

 

やっぱりほっとくのが一番。

 

企業でやってるんじゃないんだから。

 

一人でちまちま楽しく作るのに、

 

争うだけ無駄。

抗議するだけ無駄。

ぐだぐだ考えるだけ無駄。

 

 

そんな暇正直ないわー。

 

私がもしまねされて気にしてぎゃふんと言わせたいと思ったなら、

よ!このパクリお見事!

と思えるくらいの作品を生み出すくらいかなー

 

 

心にダメージ負うくらいなら対象者は見ないし探さないですね。

 

 

nakkiのパクるパクられるについての考え方はこんな感じです。

 

 

ものづくりに携わる人になにか響けば嬉しく思います。

 

ではではまた〜〜〜

 

 

手刺繍アクセサリーと雑貨のお店をしていますnakkiでした。

 

0 コメント

きたまちのfu-raさんで刺繍のワークショップを開催しました!

こんにちは。

手刺繍アクセサリーと雑貨のお店nakkiです。

 

毎日汗だくになりながら奈良のならまちにあるお店まで通っております。

お店についたらクーラーをがんがんに効かし、お茶を一気飲みしてから業務にとりかかるのが日課になってきました。

こんな暑い中来て下さるお客様にほんと感謝です。

 

さて、いつもお世話になっておりますfu-raさんで6月5日、刺繍のワークショップをさせていただきました。

 

(開催から一ヶ月ちょっと経ってようやくブログを書いております。)

今回は包みボタンのブローチ(髪ゴムにもなる)のワークショップ。

 

いつも通り自由に思うままに刺繍してもらいます。

基本のステッチをレクチャーしてから早速チクチク。

今回参加して下さったみなさんは表現者さんも多く、手元が慣れてらっしゃる。

 

教える立場の私が教えられる事たくさん!!勉強になりました。

(ピンぼけ写真すみません・・)

ビーズ刺繍やスパンコール刺繍もなんのその。

私も思いつかない刺繍糸の色合わせ。

 

ワークショップの醍醐味です。

たまにおしゃべり。

そしてまたまた作業没頭。

もうちょっとでできあがります!!

最後はでき上がったみなさんの作品を並べて記念撮影ーー!

生地の色選びから糸選び、ステッチ、針運び。

 

全てに個性があふれてとってもおもしろい。

 

所用時間は3時間でしたがあっという間に時間がきてしまいました。

みなさん刺繍は初めてだとか。

うそやん!とつっこみたくなるかわいさと、焦りを頂きました。

 

私も人に教えている場合ちゃうわ・・・

と身が引き締まるワークショプになりました。

 

参加して下さった方々、fu-raさん、ありがとうございました!!

 

 

今後もfu-raさんでのワークショップ、開催する予定です!

興味ある方はこちらをチェックして下さい。

(私の他にも色々ワークショップ開催されております。)

 

 

それでは今回はこの辺で。

nakkiは普段奈良のならまちのお店におります。

遊びにきてね!

 

 

ではでは〜〜

 

nakkiでした。

 

 

 

 

0 コメント

2017年7月15日16日、はじめtieが開催されました。

こんにちは。

ナラマチギャラリー2016(ニイゼロイチロク)の原田です。

 

今回、ナラマチギャラリー2016では2017年7月15日、16日の2日間、

はじめtie が開催されました。

 

2日間のみの展示でしたがとーーーっても素敵な展示をして下さったtieさん。

会場が一気に優しい空気に包まれました。

※※※作家さまからのコメント※※※
ものづくりを始めて、初めての展示です
オーガニックコットンの洋服、こども服、小物、今の自分にみえてるものどうぞゆっくりと 目に手に心で触れていただければ幸いです。

 

初めてとは思えない展示空間でした。

フィッティングルームも展示の一部になっていて、本物のアイビーの植物を巻き上げたり

お知り合いの作家さんのリースも一緒に展示されたりされていました。

優しくってあったかい、

 

一つ一つデザインし、お洋服のパターンをひき、手づくりされる洋服たち。

なんとおうちの形をした什器もオーダーでつくってもらったとか。

人柄って作品に出るんだなあとtieさんや、ご来場して頂いた沢山のお友達、お知り合いの方々をみていて思いました。

オフショット。

コットン(綿)を育て、収穫し、手つむぎして、織まで。

途方もない時間をかけてでき上がったストールの作品も展示されていました。

 

触るととっても優しい!!

 

ぜひ商品化してほしい!!

またまたオフショット。

これからのご活躍も、楽しみにしております。

 

お越し頂いた方々、関係者様、ありがとうございました!!

 

tieさんのホームページはこちらになります。

 

 

ギャラリーでは随時出展者も募集しております。

詳しくはこちらからどうぞ。

0 コメント

スポンサーリンク