プラ板アクセサリーを作る時の画材・金具

こんにちは!nakkiです。

 

今回は以前から質問を頂いておりました

プラ板のアクセサリーを作る時に愛用しております材料や画材について紹介したいと思います!

 

ちなみに作り方はこちらの記事に詳しく描きましたので参考にどうぞです。

まずプラ板はこのメーカーのを東急ハンズで購入しております。

でも場所によっては廃盤ですと言われるので見つけた時に大量買い。

 

0.3ミリがおすすめです。

色付けはアクリル絵の具を主に使用しています。

メーカーは「ターナー」。

 

ロフトやハンズ、画材屋さんで購入できます。

 

 

その中でもこのゴールドは使えます。

塗るった時は少し薄いかなーと思いますが

プラ板を縮めるととっても発色が良くなります。

アクリル絵の具で色を塗るって縮めたプラ板達。

ここから金具を取り付けて樹脂(uvレジン)を垂らします。

金具を取り付けるときに接着剤を使っているんですがこれ↓は断然おすすめ。

 

完全に乾いてもすこし弾力があるので衝撃にも強いです。

金具は貴和製作所さんのを主に使用してます。

種類がいっぱいあってしかもリーズナブル。

出典:貴和製作所

ちなみに私が使用しています金具は貴和さんのこれです↓

画像は接着面が小さいやつしか出てきませんが選択するのは6ミリのほう。

引用:貴和製作所

イヤリングの場合はこちらの金具↓を使用しています。

引用:貴和製作所

銀色の金具もありますがこれは好みですねー

私は金色の金具の方が好みなので金色の金具を使用しています。

レジン液も貴和さんで購入していますが

ユザワヤなんかの手芸屋さんでも販売しているのを見た事があります。

25グラムのは量産するとすぐになくなるので

大きい詰め替え用のを購入しています。

そしてそしてレジンを固めるときの器械はこれです↓

小さくてコンパクトなのでお店では使いやすい。

こんなかんじですかねー

他にもアクセサリーを組み立てる時の金具やなんかも貴和さんですべてそろいますので

ほんとおすすめです。

 

安いし。笑

ではでは今回はプラ板アクセサリーを作るときの画材や材料でした!

 

nakki

 

0 コメント

nakkiのプラバンアクセサリーの作り方。

こんにちは!奈良のならまちでアクセサリーと雑貨のお店を営んでおりますnakkiです。

今回はnakkiでも大人気な作品、プラ板で作ったアクセサリーのご紹介です。

 

いま、私は2パターンの作り方をしています。

その2パターンは何が違うかといいますと、行程の順番が違います。

 

◯型紙をつくる→プラ板から形をとって切る→色を塗る→レンジでチン★

◯色を塗る→適当にプラ板を切る→レンジでチン★

 

この2つのパターンで、出来上がりもやっぱり変わってきます。

 

↓この画像は後者のやり方で色を塗ってから切ったプラ板です。

↓この中に一つだけ行程の違うイヤリングがあります。どれでしょうーー

正解は右下のモザイク柄のイヤリングでした。

 

プラ板という素材はほんと柄を描いた時と縮めたときの印象がガラッと変わります。

色を塗った時にこれはかわいい!と思って縮めてみるとあれー?となったり、うわ失敗と思ったプラ板のパーツが縮めた時にはすごくいい感じになっていたり。

 

まだまだ魅力いっぱいの素材です。

 

プラ板ピアスの詳しい作り方もブログに掲載していますのでぜひそちらもご覧下さい。

 

あーワークショップもしたいなあと只今妄想中です。

 

それでは〜〜

 

nakki

0 コメント

スポンサーリンク